ヌリカエ Y3

【2020年12月版】
外壁・屋根の塗装で助成金を受け取る方法

一般的には、家の築年数が10年を過ぎると外壁塗装が必要だと言われています。

その外壁塗装ですが、各自治体による条件を満たせば最大30万円ほどの助成金を受け取ることも可能です。

助成金をもらう主な条件としては以下のようなものがあります。

・工事をする前に申請する。
・自治体が定めた業者に依頼する。
・必要書類を用意する。
・遮熱やエコ塗料を使用する

※助成金には「予算の上限と期限」があるので早めの確認が必要です。

助成金の受け取り方

助成金を受け取る手順としては、

①見積もりの取得
②申請書の提出
③工事
④報告書の提出
⑤助成金受け取り

というような流れになります。

ただ、①〜⑤まで全てやるとなるとかなり大変です。
特に申請書などは複雑すぎてミスも多発する可能性が高いです。

そこでオススメするのが、ヌリカエというサービス!


この業界の最大手でもあるヌリカエでは、

・助成金が受け取れるかどうかの確認
・助成金が適用される業者の紹介
・相見積もりをして1番安い業者の紹介

など、無料で専門家のサポートが受けられます!

使い方としては簡単な質問にタップして答えるだけ。1分ほどで終わります。

その後、担当から連絡が来るので、

・助成金はもらえるのか?
・費用を抑える方法は?
・どんな書類が必要なの?
・工事はどれくらいかかる?

など、気になることはなんでも相談できます!

また、連絡はヌリカエ側からの1本なので、いろんな業者から連絡がきて面倒といったこともありません。

実際に助成金を受け取り、相見積もりをして費用を抑えることで70万円以上も安くなった例もあります。

ただ、助成金には「予算の上限と期限」があるので注意が必要です。

今すぐ外壁塗装をやらないにしても、助成金がまだ受け取れるかだけでも早めに確認してみることをオススメします。

運営会社情報